スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5つ目返却。


まだまだ気持ちは凹んではいますが、
それでも「一年でなくても、いいや」と思ったら、
少し気が楽になりました。
サボるのではなく、コツコツと、と言う感じでしょうか。

昨日の試験会場でも、
ほとんどが午前・午後1科目ずつ、
もしくは片方だけ1科目受験で、
2科目という人は少なかったみたい。
2科目受験にしなければ、ミスも起きなかったしね・・・

とりあえず、次は情報サービスと、
9月のスクーリングのために、
いよいよ資料組織に着手しなければなりません。
9月の試験は中旬と早まるし、
スクーリングの翌週なので、
次回は資料組織1本かな。

今朝、「情報組織概論」のレポートが帰ってきました。
意外と早い1ヶ月ほどで返却。
6月に出した3つのうち、
一番早く出した図書館概論がまだなのになー。
結果は、「合格」でした。

「長所、短所はよく書けています。
留意点として、次のこともよく考えてみてください。
1.個人情報は守られているか
2.利用者によく使われ、コストパフォーマンスはいいか
3.情報は保有されてたり、バックアップされているか」

何だかわたしの字体と似てて、不思議な感じ。

ところで、今回「誤字・脱字」にBがついていたんです。
今まではAのみだったので、
見てみると、
MARCとかOPACのアルファベットを1マスに1個入れてました。
数字は1マスに2個だけど、
アルファベットは1個と数えるんだと思ってたー。
次回から気をつけようっと。


スポンサーサイト

ドツボにはまる・・・


今日は天気予報が外れて、
久しぶりに青空の広がる、暑い一日になりました。
扇風機をまわして暗記をはじめたら、、、
ついついウトウト
うーん、今日は全くチカラはいりません。
しかたないので、雑用をあれこれ片付けたり、
おやつのムースや、常備菜を作ったり、
たまにはこんな日があってもいいか

夜になって少し涼しくなったので、
情報機器論の続きを暗記しはじめたら、
12番の問題でひっかかりました。

電子資料の特徴について、他の資料と比較して個別に述べなさい
回答には、テキストの「電子資料」のページを見て、
各種類の電子資料をあげ、その特徴を書いていたのですが、
「他の資料と個別に」って何だ?と気になりました。
印刷資料、視聴覚資料、マイクロ資料と個別に比較するのか?
それとも、電子資料を個別にあげて、その中で他の資料と比較する?

気になりだしたら止まらない。
もう一度、テキストや参考書を引っ張り出して見たけど
うまく回答が作れない。
やっぱり、素直に電子資料を個別に取り上げるのでいいのかなー。
今夜はドツボにはまって、
どうにもこうにも進まないので寝ることにします。

6つめ。


昨日、「情報機器論」のレポートを発送しました。
6つめ・・・やっと半分です。
内容自体はそう難しくはなかったんですが、
参考本を4冊も借りてしまったら、
逆にまとめるのが大変になりました。
欲張ってはいけません。
それにしても、やっぱり「機器」が古すぎ。

さて、今日からいよいよ「児童サービス論」に着手です!
テキストは薄いのに、合格するのはものすごく難しいみたい。
書く前から緊張してます。
でも、何回も挑戦するためには、
次回の試験で受けておかなくちゃ・・・

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。