スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11科目め返却。


試験も終わり、
今日は勉強の事は忘れて遊ぼう!と、
お友達が4人も来てくれて、昼ご飯をはさんでしゃべってました。
何だか、やっと「終わった」と実感してます。
とは言え、まだまだレポもスクもそして試験も残してるので、
心の奥は重いですけどね。

11科目めの資料論が返却されてきました。
     合 格 

イマイチ問題の主旨がつかめず、構成に不安はありましたが、
「設題について、基本的な事柄の理解はよくできています。
図書館では館種ごとにそれぞれの対象、目的にそった
 資料を選択、収集すると共に常に利用状況の的確な分析を
 行うよう心掛ける必要があるでしょう」

という講評をいただきました・・・どこかで見たことありますね。
でも、合格だったらいいの。
どうせなら、試験の前に帰ってきてくれたら、
もう少し元気でたかも知れないですけどね。

あとは、経営論と、児サ&資料組織の再提出が残ってます。
まずは経営論だな。
スポンサーサイト

手強い。


図書館資料論の回答作りをはじめました。
テキストを最初に読むときに、試験問題を横に置いて、
該当ページをメモしながら読み、
回答はそのメモを見ながら作ります。

しかし、今回はその該当ページを開いても、
これっ!って感じがしません。
しかも「述べてください」「論じてください」「まとめてください」と該当部分をさらに文章にしてまとめなくちゃならないので、
すっきりした回答ができません・・・
もう一度、最初からテキスト読み直さなくちゃ~

この科目にも「CD-ROMの特徴」「日本全国書誌」など
前回の科目と同じ様な試験項目がありました。
重ならなくてよかった~。でも難しいです

11科目、完成っ!


朝から原稿用紙に書き写し、
夜になってやっとレポを仕上げました。
何とか完成~!

とてもわかりやすい出題だったのに、
けっこう時間かかってしまったのは、
テキスト以外の参考書があまり役に立たなかったからです・・・
ほとんどテキスト通り、いいのだろうか?

でもこれで手つかずなのは「図書館経営論」のみ。
この科目は2月の試験の予定なので、
11月の試験が終わってからにします。
これから小学校はいろんなイベントあって忙しいしね。

それにしても、今日は耳が痛いんです・・・
急に雨が降ってきたからかな?
それとも中耳炎?
さっき、ビール飲んだら、喉のずっと奥がぴりぴりとしみたので、
もしかしたら扁桃炎かも~。
気をつけなくちゃ。
北海道はそろそろストーブの点火準備の時期です

50×42。


ふ~、何だかやけに時間がかかってしまいましたが、
図書館資料論、やっと50字×42行の中に収めました。
明日は、これを原稿用紙モードに書き直して、最終原稿にします。
うまく収まってくれますように。

それにしても今週は忙しい・・・
月曜日は小学校の図書ボラ、
火曜日は小学校の広報、
水曜日は午前中がフラドレスの裁断、午後は中学校の図書ボラ、
木曜日は小学校のイベント取材、
金曜日は中学校の文化祭の準備、
土曜日は文化祭のお手伝い

ひーん、全部学校です。
時間がなくなるより、帰宅してから疲れて何もできないのが困る。
子どもが帰ってくる30分前に
ソファに横になってお昼寝します。
でないと、おばさんは身体が持ちません・・・
でも、資料論を仕上げたら、
試験2週間前の10月半ばまでは、少し他の事ができるはず。
やらなくちゃいけないこと山積みですが、
レポの事考えずにいられるのは幸せかもしれません。

餅は餅屋。


図書館資料論、テキストも参考書も一応まとめましたが、
公共図書館以外の資料が少なくて止まってます。
土曜日に図書館へ行ったら祝日で閉館・・・困った。

で、今日は図書ボラで学校へ行ったので、
司書さんに聞いてみることにしました。
すると、こんな本があるよ、と見せてくれたのが、
「学校図書館ABC]by全国学校図書館協議会という本です。
06092506.jpg

06092507.jpg


06092508.jpg

うーん、この本は使えるかも!と、さっそくお借りしてきました。
目次を見ると、何だか聞いたことのある項目が。
方法や利用教育、これも使えます。
児サのレポの再提出の時にはもう一度借りてこようっと。

しかし、今週は毎日学校へ・・・何とか仕上げたいんだけどな。

やっと・・・


テキストをまとめ始めました。

レポの課題が、
”「図書館の館種と資料の選択」についてまとめ、
私見を加えてください”というものなので、
該当部分10ページをまとめればいいってことなんですよね?
わざわざ深読みするってことはないですよね?

まとめるという作業は何とかしても、
この”私見”っていうのがやっかいだなー。
テキスト読んでも普通のことしか頭に浮かんできません・・・

スク、試験と続いた身体がなかなか元に戻りません。
だるだる~
脳みそもそうだけど、肉体も10年若かったら違ったのかな。

言葉の微妙な違い・・・


専門資料論のために、
図書館資料論の参考書も借りてきたので、
テキスト読んでみて、
行けそうだったらレポ書いてみようかな?なんて欲張ったら、
テキスト読んでるうちに寝てしまいました

それにしても、いつも新しいテキストを開くと、
「ああ!ここにあの試験のヒントがっ!」って
思うことがたびたびあります。
今回も情報機器論で悩んだ答えが書いてある・・・

今更ですが、レポート書く前に
ざっと一通りテキストに目を通すといいのかも。
どのテキストもどこかで関係してます。
しかし、あの大量のテキスト見たら
誰もそんなことしたくないですよね・・・

で、図書館資料のレポって
「まとめ」て「私見」を加えるって書いてるんですが、
ほんとうに「まとめる」だけでいいんでしょうか?
このまま鵜呑みにしていいのかちょっと心配。

いつもテキストを読むときは、
試験問題と見比べながら読むんですが、
試験問題の「述べる」「論述する」「概述する」「まとめる」って
言う記述、いったいどんな違いがあるんでしょうか?
テキストを見ながら回答していくとその通りになるのかなー。

児サのレポを書いてから、
やたら言葉に敏感になってしまいました。
どうしても裏があるような気がしてならない・・・
児サ症候群とでも言うのだろうか。

ま、資料論は11月の試験の予定なので、
レポもあわてず目を通すだけになりそうです。

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。