スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥沼化・・・


昨夜のうちに下書きを終え、
朝からはりきって清書に入った資料組織のレポですが、
いざボールペンで書き出すと、
「あれ?これでよかったんだっけ?」と気になる箇所が!
取りあえず、書き上げてから、
気になる箇所を調べてみると、何だか違うような気がする~
先生のチェックが入ってない所も表現がちょっと怪しい。
すでに書いてしまってるので、
もう一度書き直すか・・・レポの予備は1つあるし・・・

とりあえず、もう一度、下書きを直してみます。
【“泥沼化・・・”の続きを読む】
スポンサーサイト

まずは1科目め、


児童サービス論をやってしまおうと思いましたが、
参考書が貸出中で手に入らず、
先に資料組織概説の再提出レポに手をつけました。

「基本的な誤解がある」排列については、しっかり書き直しますが、
あとの赤字は付け足しのようなものなので、
そのまま直せばいいのかな?
ただ、「記入とは?」と書かれてるんですが、
これをどこに入れるか悩みます
書かれているのは、請求記号のところですが、
最初の目録の所に入れてしまった方がすっきりしそう。
どうなんでしょう・・・
まずは、一度書き直してみて、文字数チェックしなくては。
しかし、再提出、なかなか気合いが入りません

川上先生講演会。


児童サービスの講師である川上先生の講演会に行ってきました。

梅信や自サの小冊子での語りや、
真っ赤なレポート添削から、
ちょっと神経質そうな姿を想像していましたが、
ごく普通の穏やかそうな方で、
少しだけ関西弁(なのかな?)が入ってました。

図書館の館長をされながら、
あちこちの大学の非常勤講師をされていますが、
近大の講師が一番大事にしてると言うことでした。
試験の採点、レポの索引にいつもいつも追われてるような気がするため
とのことですが、そりゃそうだろうな・・・と、
あの真っ赤なレポを思い出してました。

そして、レポを読むと、その人を知らなくても、
その人が一番得意とすること、いいたいこと、苦手とすることがわかり、
その人像が浮かんでくるそうです。
自分の事を想像されながら、赤ペン入れられたと思うと恥ずかしい~。


肝心の講演会は、
わたしは講演会のみの出席だったので、
児童サービスのレポートや試験と直結したお話は聞けませんでしたが、
子どもにとって読書がもつ意味、
公共図書館の役割、はよく理解できました。

その後の学生のための学習会、
「レポや試験に3回落ちた人対象」だと思っていたので、
申し込まなかったのですが、
学習会会長さんに言えば潜り込めたかも。
でも、昨日は風邪のせいでもないのに、ちょっと不調で、
学習会に出よう!という気持ちを
引き出せる気力が出てきませんでした。
たまにはこんな日もあるか・・・
最後に写真を撮って講演会の部終了。

その後は、学生のための学習会、そして懇親会があったようです。

・・・実は、今、この日記を書き出して、
セミナーハウスに資料一式を置き忘れてきたことに気がつきました
あわてて、セミナーハウスの電話番号を探したけど書いてない。
学習会の会長さんも電話してみたけど不在。
試験がある時にだけ管理人さんが来るようなので
常駐してないんですよね。
その向かいに「近大農場直売所」があるので、
そこに行けば何とかなるかも!と、ダッシュで行ってきました。
そしたら、いつも管理に来てるおばさんが向かいの事務所にいて、
「学習会の会長さんが郵送すると言ってたよ」とのこと。
よかった・・・
自サのテキスト、小冊子、レポート、さらに学生証まで入ってました。
なくしてたら、自サも再提出ではなく、もう一度だったかも。
とりあえず、もう一度あとで会長さんに連絡してみます。


06112601.jpg

講演会のためにボイスレコーダーにもなるMP3プレイヤーを買いました。

12科目完成!


しんしんと雪が降り積もる中、
何とか最後の科目「図書館経営論」のレポが完成しました。
ちょっと内容薄いかも・・・と心配ですが、
前回の毛利先生の情報サービス概説よりは書けました。

最後とはいえ、まだ再提出2科目残ってますが、
それでも全ての科目のレポは一応書きました。
ちょっと感激
明日の朝、投函してきます。

明日はいよいよ児童サービス論の川上先生の講演会です。
ひどい雪で高速なども止まってましたが、
先生が無事到着されますように。

やっと半分。


何とかレポも進んできました。
借りてきた参考書は役に立たず、
参考文献も毛利先生以外の二人は本当に参考程度・・・

しかたないので、
図書館概論、図書館サービス、情報サービスなどのテキストを
引っ張り出して書いてます。
そう、難しい課題ではないけれど、
いかに簡潔に書くかが大変・・・すでに文字数オーバーしてます。
そして、毛利先生のレポは引用にも気をつけなくちゃ。

ああ、早く経営論片付けて、
再提出の二つも仕上げないと、冬休みに突入すると、
再々提出になった時に困ることになりますね。

何があったのかな・・・


昨日の新聞に、
「小学校の司書が、他の小学校にウソの自殺予告メールをした」
という記事がありました。
2003年から小学校に臨時職員として働いていたらしい。
理由は「むしゃくしゃしたから」・・・

市の学校図書館の司書さんは、
みんな市の非常勤職員で、図書館から学校に派遣されています。
だから、マニュアルも指導も全て図書館。
学校で使うPCも
市から入っているので、学校の備品ではありません。

そうなると、市→司書←学校と、司書さんは板挟み・・・
市からやりなさいと言われたことは、
学校ではできません!と突っぱねられると困った立場に。

学校でも、学校で雇ってるわけではないので、
自分たちの都合良くは働いてもらえるわけではありません。
週に働く時間に制限があるので、
学校の時間にあわせると、
8時頃に出勤し、16時半に退勤となると、
週の中1日は休まなくてはならなくなります。
学校図書館なので、授業のある時間だけにして、
毎日出てきてもらえた方がいいのに、と思いますが、
そこは規則であり、融通はききません・・・

しかも1日一人で仕事して、相談するにも、
自分の仕事場の現状を知ってる仲間はそういないだろうし。

だからと言って、自殺予告メールなんてしちゃいけませんし、
その人に何があったのか、
もちろん、仕事のことじゃないかも知れません。

司書を目指して勉強を始めたのはよかったけれど、
ここ半年、自分でも「司書のお仕事」と言うのを見てきて、
大変な仕事だな・・・と、少し弱気になってきてます・・・
どんな仕事も大変ですが、
やはり好きなことを仕事にするのは難しいなって。


レファレンスサービス演習三日目。


今日は実家の両親が子どもたちを見てくれて、
送迎もしてくれたので、
心おきなくスクに向かうことができました。感謝

午前中は初日の続きで、ひたすら参考図書調べ。
最初は手引き書に書いてる参考書を探してましたが、
しだいにとにかく触ってないものをもってきて、
それで答えられる問題を探すことに。
でも基本参考図書は人気があって、なかなか手にできません。

午後は演習問題の解説と、
レファレンスインタビューのお話し(レファレンスプロセス)、
そして、映像に出てくる図書館員のイメージと言うことで、
「Love Letter」(中山美穂主演映画)と
「Beatiful Life」(キムタク・常盤貴子のドラマ)
のビデオを見ました(もちろん一部)。
中山美穂、若~い♪ではなく、どちらも図書館員の役でした。
うーん、こうして見ると別の意味で面白いです。

そして、先日わたしも紹介した
「図書館戦争」「図書館内乱」の本の紹介も。
先生もお勧めってことで、
レファレンスサービスについての記載を読んでくれました。

ラスト1時間は試験・・・
先生は「簡単ですが、30分間は退出しないでください」と
言うことでしたが、30分で退出する人はいなかった。
出来具合が微妙だったので、
最後の「感想」にたくさんコメント書いてみましたが、
はたしてどうでしょうか・・・
パスファインダーも成績評価なので、どうにかなるかな。

何とか三日間のりきりました。
参考図書をたくさん触って調べられたのも、
図書館の中(閉架書架も)を探索できたのも楽しかった。
通信教育は身体を使うことがないので、
こうして身体を使って勉強することができると思ってなかったし、
本当によい体験をしたと思います。
先生ありがとうございました。


06111901.jpg

スクのお友達からいただいた、
石川県のお菓子とペルーのチョコです。

レファレンスサービス演習二日目。


今日は10時5分に隣町の図書館前に集合だったので、
昨日より1時間遅い出発となりました。
気分的にも余裕ができてよかった。

図書館開館と同時に入館し、二階のAV室に通されました。
いつも使ってる図書館ですが二階ははじめて。
静かなところにビデオやCDをゆっくり聞けるスペースがありました。

まずは、図書館の説明ビデオ鑑賞会。
ドキュメンタリー映画の監督さんが作ったという、
利用者の生の声がたくさんはいったもので
普通の案内ものとは違って見応えあり。
参加したイベントもあったので、思わず子ども達の姿を探しました。

午前中はこの図書館が作ったパスファインダーを
実際に使ってみて、ちゃんと情報を見つけられるかと言う作業でした。
3人グループ(他は4人)で、必死になって図書や資料探し。
分類番号なども明記されているのになかなか発見できません。難しい。

パスファインダーというのは、
利用者があるテーマで資料を探す時の手がかりとなるように、
図書館がいろいろなタイプの情報を紹介する印刷物です。
参考図書、年間、図書、新聞、雑誌、インターネットなど
図書館で探せる情報を書いてあります。

午後は今度は自分たちで決めたテーマでパスファインダー作り。
なぜか「妖怪」なんてテーマにしてしまったため苦戦することに・・・
資料は見つけたものの、
統計や図鑑などあるわけもなく(図書としての図鑑はあるが)、
インターネット情報も図書館のPCには”オカルト”で規制がかかってるため閲覧できず、
たくさん出てくる資料も図書館では所蔵できず・・・

居残りまでしてがんばりましたが、結局埋められないところも。
まあ、がんばってる所は先生も見ていたので、
これで「不可」はないとは思いますが、ちょっと悔しい。

明日はまた参考図書調べ。
06111801.jpg

最後には試験もあるので、
一応テキストに付箋紙もはってみました。
最初は手書きで書き出してみましたが、間に合わないので・・・
大丈夫だろうか。かなり不安です。

レファレンスサービス演習一日目。


朝、カーテンを開けたら雪がうっすらと積もってましたが、
8時過ぎには溶けてきたので、自転車強行!
さすがに肺が痛くなるほど寒かったけど、
無事セミナーハウス到着。

今回も資料組織演習の時と同じ先生です。
大量の参考図書を持ち込まれました。
まず、情報サービスのテキストにも出てきた
「図書館の達人」ビデオでレファレンス業務のお勉強。
これが終わったら、
いきなり参考図書の探し方のお勉強が始まりました。
テキストの演習問題を見て、
あとは自分で参考図書を見つけて、回答を導き出します。
うっそ~参考図書についての解説はなしですか!とあせる。

一応、どの参考図書を使うかというプリントはもらったけれど、
その参考図書を見つけても、
そこから回答を探し出すのもなかなか難しい・・・
参考図書自体の読み方も試行錯誤だし。
しかも生徒が35人もいるので、参考図書もなかなか見つからない。

結局、15時すぎまで参考図書と格闘し、
残りの時間で、明日の作業の説明。
明日は隣町の図書館へ行って<パスファインダー>作りだそうです。
班決めして、班名やテーマを決めました。

資料組織演習の時もひたすらNDCと格闘しましたが、
どうやら、この先生は「身体で覚える実戦派」なのでしょう。
頭も身体も使ったので、さすがにヘロヘロに疲れてます。

明日の図書館は経営論の参考文献を借りてきた図書館なので、
ついでに返却してくることにします。
スクも図書館開館時間にあわせたので、
お弁当4つもちょっと気が楽になりました。
セミナーハウスより通いやすいしね♪



何とか、


仮縫いもできあがり、
広報も「来週からまじめにやるわ」と宣言してきたし、
子ども達の予定もメドがちたので、
やっとこれでスクーリングに向かう気持になれました。

準備もできて、あとはお弁当を作るだけ。
受講票と学生証もOKです。もちろんテキストも。
今回はこの後に試験も控えてないので、
休み時間に読む本も入れました。
お昼休み、そんな余裕こいてる時間あるのかなー。

しかし、雨が降ってます。
やっぱり明日は雪だって
手袋とマフラーも準備しようっと。

いよいよ明日。


明日の今頃は、うまく行けば
自転車こいでセミナーハウスに向かってる途中です。
今夜からまた雪マークが出てます・・・

それにしても忙しいです。
昨日は午前中、中学の図書ボラで本の修理講習会、
そのまま図書館でお昼を食べて
午後は広報の会議でした。

今日もこれから小学校の広報ですが、
自分のページ、まだ手つかず・・・大丈夫か?
昨日は中学の広報も2ページ担当させられそうになりましたが、
さすがに「今週は全くできません」とお断りしました。
でも来週になったら渡されそうな気がする。
図書館、読書のページなのでやりたい気もするけれど、
時間なさ過ぎ~。
小学校も中学校も閉め切り一緒なんだもん

明日はフラダンス衣装の仮縫いなので、
昨夜何とか仕上げました。
明日は行けないので友達に預けます。

そんなわけで、レポもほんの少し手を付けただけ、
スクーリングのテキストに目を通すこともできません。
今夜、読むだけ読まなくちゃ!
明日の荷物の用意もしなくては。
今回はNDCがないからかなり身軽です。

ああ、土曜日の子ども達の予定も
二転三転でまだ決まってなし、お弁当4つも気が重いぞ~。
スクに行く前にくじけてしまいそう


経営論の回答作り。


試験が終わったとほっとしてたら、
あっという間に1週間経ってました・・・早いっ!
図書館から借りてきた参考書も
あと1週間で返却しなくてはなりません。

少しまじめにレポートに取りかからなくちゃ、と、
まず先に取っつきやすそうな試験回答から作ってみました。
おおっ、今回はテキストから探しやすい!
しかも、箇条書きなのであまり長文がない!
と、さくさくと作ってはみたものの、
回答が意外と長いではありませんか・・・
20番なんて覚えられるのか?

まだまだ完成ではなく、
怪しい回答もあるので、これからまたテキストを読み直して、
レポートに取りかかります。

しかし、風邪をぶりかえしてしまい、
鼻水ずるずると、脳みそにチカラ入りません。困った。

初雪。


昨日、とうとう初雪となりました。
いよいよ冬に突入です。

06111301.jpg


こうなると、週末のスクーリングの登校手段に悩みます。
ダンナが土日、休みにならなかった~

まだ、道路や歩道は積もってないので、
自転車で行けるとは思うものの、
みぞれや雨になると、かなりキツイ・・・
片道、徒歩45分、ウォーキングのつもりでがんばるか。


週末となると、子ども達も習い事や部活の練習もあるので、
お弁当作って移動させたり、
友だちの家で待たせてもらって、帰りに向かえに行ってと、
いろいろ考えなくちゃなりません。

ふ~、スクのことは何も考えてないのに、
ごちゃごちゃんと雑用ばかりで頭がいっぱいなってます。

図書館内乱。


06111103.jpg


前作「図書館戦争」の続編です。

今回も読みやすいライトのベルの中に、
ちょっと前にお勉強した内容が散りばめられていて、
小説の内容とは別の意味で楽しめます。

たとえば、
「図書の形態から内容を類推する」
1ページに詰められる文字は決まってるので、
本の大きさによって、だいたい入れられる文字数が決まっているので、
目次を見れば、1つの内容に関してどれだけの文章量を
さいているのか見当が付き、内容の濃さの目星がつく。

「目次を見ると内容が的確に把握できる」
各項目の配分を見ると、どの項目に重点を置いているのかわかる。

「百科事典を引くには、索引を引く」
調べたい事柄を直接調べるのではなく、
百科事典の索引を引くことによって、その関連項目も調べられるので、
多角的な調査ができる。

なんて、エピソードがあるわけです。

その他にも個人のプライバシーに関する問題についての、
図書館の対応と言うのもあったりと、
この前までテキストで勉強していたことの
事例集(?)みたいな感じもします。

年末年始のお休みの時にでもいかがですか?
小説になってると、意外とするりと入ってくることもあるあも。
ただし、最初は「図書館戦争」から読まないと、
人間関係などがわかりにくいです。

そして、この「図書館内乱」の表紙の絵にも描いてある
「レインツリーの国」ですが、
06111104.jpg

「図書館内乱」の1つのエピソードの中に出てくる小説です。
作者が書いてる時に、どうしてもこちらも書きたくなって、
出版会社が違うけれど、出版された本です。
出版社同士のコラボっていうのもあるんですね。
こちらは、インターネット上の恋のお話しですが、
聴覚障害の問題なども語られてます。

ぼちぼち再開。


レポートとしては最後の科目の「図書館経営論」に
取りかかるために資料を借りてきました。
06110801.jpg


ネットで検索すると、地元の図書館にもあったのですが、
何しろ交通の便が悪い場所にあるので、
隣町の図書館で借りてきました。

地元の図書館、バスでは徒歩も入れると行きは20分程度ですが、
ぐるりと循環するバスなので帰りは40分もかかります。
逆向きに乗ろうとおもうと、2時間待ちだし・・・
しかもまわりには何もなくて他に用事を足すことができません。

隣町へはJRで行くんですが、
駅まで10分(自転車3分)乗車時間7分で到着。
しかも図書館は駅の真ん前で、金融機関も大きなスーパーもあるし、
JRも15分おきに出てるし、
交通費も往復で120円しか違わないので、
こちらの方が車に乗らないわたしには楽なんです。

もともとが市営バスのない、車社会の街だったせいもありますが、
それにしても図書館は使いづらい場所にあります。
何でかな・・・

ま、無事に資料は借りられたので、
今夜からテキスト読みをはじめてぼちぼちやってきます。
資料組織の再提出はその後、
児サは、25日の講演会を聞いてからです。

11科目め返却。


試験も終わり、
今日は勉強の事は忘れて遊ぼう!と、
お友達が4人も来てくれて、昼ご飯をはさんでしゃべってました。
何だか、やっと「終わった」と実感してます。
とは言え、まだまだレポもスクもそして試験も残してるので、
心の奥は重いですけどね。

11科目めの資料論が返却されてきました。
     合 格 

イマイチ問題の主旨がつかめず、構成に不安はありましたが、
「設題について、基本的な事柄の理解はよくできています。
図書館では館種ごとにそれぞれの対象、目的にそった
 資料を選択、収集すると共に常に利用状況の的確な分析を
 行うよう心掛ける必要があるでしょう」

という講評をいただきました・・・どこかで見たことありますね。
でも、合格だったらいいの。
どうせなら、試験の前に帰ってきてくれたら、
もう少し元気でたかも知れないですけどね。

あとは、経営論と、児サ&資料組織の再提出が残ってます。
まずは経営論だな。

ビミョ~・・・


ただいま~。
なぜか雷がなる中、何とか3科目受験してきました。

午前中「2」、午後「8」と、また一桁台の問題でした。

午前中の「2」は、予想的中!だったんですが、
実はあまり出てほしくない番号。

生涯学習論の「生涯学習論の目標」と、
図書館史の「図書館はなぜ発生したか」という、
かなり広い意味を持つ問題で、
テキストにも「これ!」という部分はありません。
だから、回答にはちょっと自信ありません・・・
とりあえず、書いたことは書いたんですが。

そして、午後の「8」も
「リクエストと館外貸出についてまとめてくだい」と、
かなり産みの苦しみを味わった回答で、やはり内容に自信なし。

今回、午前中の科目を落とすと、期間延長になります。
どうかな・・・やっぱりビミョ~・・・


でも、とりあえず終わった!ってことで、
帰りには図書館、古本屋さん、100均に寄って帰宅しました。
コーヒー飲んで一息

今月は16~18日のスクーリングと、
25日の児童サービスの川上先生の講演会もあります。
でも、スクも前回は試験一週間前でかなりきつかったけど、
今回はスクだけに集中できるので気分的には楽です。

まずは、内職のフラダンスの衣装の期日が差し迫ってるので、
しばらくはこれに専念します。




IMG_95840001.jpg

セミナーハウスの直売所で、今日は玉葱とカボチャを買ってきました。
両方とも1kg100円です。

終了。


昨日、今日と朝からがんばりましたが、
やっぱり完璧は無理っていうか、
覚えれば覚えるほど混乱するし、
前のを忘れててショックってこともあって、
今日はこれで終了することにしました。
あとは、明日の試験前の時間に神頼み です・・・。

とりあえず、今夜は早めに寝て、明日に備えます。
さすがに目も痛いし、
喉も(最後は呪文のように唱えていた)ガラガラ。

明日はお天気のよく試験日和になりそうです。
14時過ぎには開放されるので、
気持ちよく本屋さんや図書館に寄って帰れるといな

ラスト一日。


って、これから寝るんですけどね。

あと一日ですが、
資料論14番が全く覚えられません。
明日一日でメドつくのかしら・・・
出ないことを祈る方が早いかも~

明日はお弁当やお茶の準備もしなくちゃね。
何たって、セミナーハウスはもちろん、
まわりにもお店ないですから・・・

あ、忘れちゃいけない、受験票にシール貼っておかなくちゃ!
実は資料組織演習の時に学生証が見つからず、
(後でちゃんと鞄の中で発見しましたが)
学生番号をソラで書きました。
間違ってなくてよかった・・・ってことがあったので、
明日は午前中のうちに試験の準備をしておくことにします。



10科目め返却♪


お盆明けに提出した専門資料論のレポが帰ってきました。
試験はすでに合格しているので、
待ちこがれてました。

スクの振込表や梅信も一緒に届いてましたが、
真っ先にレポの確認!

        合 格 

概評も12(訳語・訳文の研究)13(公式の理解)以外は全てAで、
「文字や文章も丁寧に書いています。
 資料の特性についてよく学習しています。
 論文構成も大変よろしい。立派なレポートです」でした。

ああ、伊東先生、ありがとうございます。
前回は試験前日に資料組織が再提出で帰ってきて凹んだので、
元気が出てきました。

実は昨夜、図書館史の18番でドツボにはまり、
暗記どころか、回答も手直しできずお手上げ状態になり、
かなり落ち込んでたんです。
さて、学校でたっぷりおしゃべりもしてきたし、
窓を開けられるくらい暖かいし、
これからまたばんばります!

カウントダウン。


11月です。
あと4日しかありません。間に合うか?!
明日は広報だし、3日は休日だし、
まるまる使えるのは今日だけ・・・ドキドキしてきました。

生涯学習論、暗記してる段階で、
やはり回答が気にくわないとか、言い回しが覚えられないので、
また書き換えてました。

設題をじっくり眺めて、設題からはずれたところをはずして、
ここまでは要求していないだろうという所も削って
(児サのおかげで、関連事項もわざわざ説明している所もある)、
気がつくと、
結局はテキストそのままの回答になってるんです・・・
最初は参考文献などからもずいぶん引っ張ってきて、
内容を膨らませていたのに、
最後にはシンプルなテキスト通りの回答。
その方が何度も見てるので覚えてるし、
間違ったことは絶対に書いてないはずなのでいいか、って。

ポール・ラングラン、今回はこの方が強敵です・・・

今日は図書館史、ますます混乱しそうです

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。