スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪かき。


ここのところ、少ないとは言え、雪が毎日降ってます。
雪かきしてひと汗書くのが運動代わりで、
机に向かって縮こまった体にもよいようです。
ただ、後から猛烈な睡魔と戦うことになりますが・・・

児サの暗記を始めました。
2番、4番、6番、12番は飛ばして8番からです。
いつもは最初から覚えるんだけど、
さすがに長くて覚えきる自信がないし、
頭の中にまだ何も詰まってないうちに
出る確率の大きい番号を先に詰め込もうという計画(?)です。

スポンサーサイト

作り直し。


昨日、図書館から「児童サービスという本が未返却です」
という電話があり、「先日、返したはずですが・・・」と
一度は電話を切ったものの、
嫌な予感がして、いつも図書館へ持って行く鞄を見たら・・・入ってた
先日返したのはJLAの参考書、未返却はその後に借りた参考書でした。

今朝、朝イチで返しに行ったら、
図書館は午前中整理日で閉館。しかたないので返却ポストへ。
予約が入ってるということだったので、
もし、次の試験を児サで受験という人だったら、
申し訳ないことしてしまったわ。

40分かけて雪の中、図書館を往復したのに、
本も返却できず、娘達に頼まれた本も借りられず、がっかり・・・

午後からは、児サの回答作り直し。
返却レポで指摘された部分を書き直したら、
文章全体から作り直さなくちゃならないものも。
昨夜、参考書を読んで、書き換えたい所、付け足したいことなどが
出てきてしまったし。
週末は暗記できないので、回答作りに専念します。ふ~。

う、うれしい・・・


朝から大雪の中、買い出しに出かけてる間に
最後の児童サービスのレポートが返ってきてました。
寒さで凍える指で、ふるふると開封すると、、、

やった!合格です!

うれしい。正直言って自信ありませんでした。
先生の書かれた赤文字が読み取れなかった所もあったし、
本当にそれでいいの?と言うような書き込みもあり、
一部再提出なので、あれこれ書き直しするわけにも行かず、
仕上げてみたけれど、あまり満足のゆく物ではありませんでした。

そして、合格とはなってますが、
前回にもまして赤ペンが入ってます。
子ども・読書・児童サービスの関係がまだまだ弱いようで、
「こういう言い回しは×」とか、
「こういう修飾は×」というのもあります。
でも、先生が赤ペンで書かれた通りに書き直した部分もあるのに~。

直接サービスと間接サービス、だいたい同じ量を書いたのですが、
間接を少なくして、もっと直接を増やしてという
コメントもありました。

レポートの中で指摘された部分もたくさんあるので、
試験の回答をもう一度見直して作り直したいと思います。
それでも、これでレポは全部合格しました。
うれしい反面、何だかプレッシャーが~

筆記具。


この勉強をはじめて、
レポートを書くための油性ボールペンをたくさん買いました。
世の中は水性ボールペンが主流になってるし、
わたしも水性の方が好きなので選ぶのにずいぶん難儀。

お値段は200円程度に止め、グリップが太く、
たくさん書いてもペンだこが痛まないラバー付き、
できるだけ細く書けて、インク漏れが少なく、
筆圧でペン先が曲がらない丈夫なもの。
でも、お店の試し書き位じゃわかりませんね~。
どうしても油性は水性より書いた感じがもったりとするし、
紙の上を滑る感じが気に入らない。
40%オフの時に、Dr.GLIPも買ってみたけどイマイチ。
一番気に入ったのが、OHTOのLongWriterなんですが近場じゃ手に入らない。

で、今は試験勉強のために水性ボールペンを使ってます。
シャープは筆圧が強いのですぐ芯が折れてイライラするし、
油性ボールペンはもとも好きじゃないし、インク漏れもいや。
しかし、水性ボールペンはすぐインクがなくなるの・・・
買い置きしてあった詰め替え用も底をつきました。
Signoの0.38の書き心地が好きなのですが、
あまり書き続けるとペンだこが痛くなり、
肘まで痛くなって来ます・・・
週末は水性ボールペン探しできるといいなー。

とりあえず、資料論一巡。
でも最初の方はすっかり忘却の彼方。しくしく。

手強い。


昨日から、経営論の暗記をはじめました。
テキストから書き抜いた回答だし、
項目ごとのものが多いので、少し楽かも~と思ってましたが、
これが手強い・・・

普段は使わない、なじみの薄い言葉が多いし、
自分の言葉ではなく、ほぼ先生の言い回し通りなので、
覚えにくいみたい。

すでに8番で躓いてます。しかも少し長すぎ。
どこが切り捨てられるといいけれど、どうしていいかわかりません。


児サ完成。


何とか、児童サービス論の回答も完成ってことにしました。
長い、それにしても長い・・・A4、10枚分しっかりあります。
いったいどうやって覚えよう。

経営論完成。


悩む児童サービス論の回答・・・とりあえずはできたけど、
納得いく文章ができてません。どうしよう。

しかたないので、今日は経営論の回答作り。
2ヶ月前にレポを書いた時に作ったものを見直して完成。

なんと、20番、非専門職業務(P32)ではなく、
非専門的業務(P66)を書いてました。危ない、危ない
そして、10番の個性発揮がうまく書けてません。
この番号、怪しいんだけどなー。
それでも、児童サービスよりは、
回答はかなり短く、覚えやすいです。
さきに、経営論の暗記から始めるとするか・・・

レポート返却。


図書館ボランティアから帰宅すると、2通のレポートが返却されてました。

図書館資料論・・・合格
 <講評>学習はよくできています

毛利先生とは相性がよくないようなので、かなり心配してましたが、
何とか合格をいただけました。
講評がそっけなく、娘に「学習?」とチェック入れられました。

資料組織概説・・・合格
<講評>なお物足りなさが残るが、ほぼ前回の不備を是正しているので合格とする。ただし、誤字にくれぐれも注意。

かなり厳しい講評で、赤ペンもあちこち入ってます。
誤字は「資料」の「料」の字がまだまだダメなようで直してあります。
よく合格をいただけたと思いますが、もらったものはこっちのもの!と、
素直に喜ぶことにします。うれしい。

残るは児童サービス論のみ。
2月の試験前日に再提出で戻ってくるのでは、と怖いです・・・


知ったかぶり。


18番は、ほとんどレポートのまま書いたら、
やけに短い回答になってしまいました・・・
先生のこだわりの箇所なのに~、もう一度調べ直しです。
でも、そのレポートもまだ帰ってきてないので自信なし。

20番は、公立図書館の相互協力、文庫、学童保育、保健センター、学校と、よくばって書いたら長すぎて、A4の用紙からはみ出しました。
特に学校図書館については、ボランティアを5年もやってるものだから、
ついついあれこれと書き込んでしまって大変なことに・・・
こんなところにグチ書いてちゃいけませんね。
うーん、どうやって短くしようか。
”例”だから、それぞれの意味は短くていいのかな。

堂々巡り。


テキスト、学習の手引き、参考書から該当部分を書き出し、
取捨選択して回答を作りあげ、
もう一度テキストを見直すと、
あらら、テキストの文章がすっぽり捨てられる~
やっぱり基本はテキストだよね、と、
また作った回答にテキストの文章を入れてみる。
すると、また文章を書き換えなくちゃまとまらない・・・

ああ、こんなことばかりやってます。

今日は「選書について述べる」という言葉で悩んでます。
「役割」「意義」「効用」「関係」ではなく、ただ「述べる」。
ついつい、余計なことまでだらだらと述べてしまいます。

参考書。


悪天候の3連休が終わり、
冬休みはまだ10日ほど残っているものの、
少しだけ静けさが戻ってきました。

図書館で、
「児童図書館のサービス論」(赤星隆子・荒井督子著/理想社)を借りました。
レポの参考書に載ってましたが、実物を手にするのはじめて。
誰かリクエストしたのかな?本が新しいです。
なかなか見やすく、わかりやすいので参考にしてますが、
これまで作った回答をまた書き換えることになってしまいました
あいかわらず、3歩進んで2歩下がってます・・・

ところで、再提出になったレポに
「子どもの特性にNDCは沿っていないので、
小中学校適用表などを利用する」と言うことを書いたら、
「現在ではほとんど使われていません」と赤ペンが入ってたのですが、
これは入れない方がいいのかな・・・悩む。
あと、「配架」と「排架」、これもどっちを書いていいのか悩みます。

前途多難・・・


3日の夜にディスクトップのPCが壊れ、
あわててダンナがパーツを買いに走りましたが、
年末年始で商品がみな品切れ状態・・・

わたしが勉強に使ってるノートPCも不調で、
大掃除したばかりで、
何をするにもソフトを再インストールしながらという状態なので、
ますます勉強が進まない~っ!
データは保存してあったので助かりましたが
(これが消えていたら、2月の試験諦めたかも・・・)、
プリンターも使えず、作った回答が印刷できない事態に

とりあえず、今、やっとプリンターと直につないでプリントアウト。
やっと、これで回答の見直し作業ができるようになりました。
これから学習の手引きと梅信をもう一度読み直して、
手直し作業に入ります。

12番の分類と配架の関係、
16番の選書と自分の意見、
18番の子ども・子どもの読書・児童サービスの三つの関係、
この3つのまとめ方が難しいです。





あけましておめでとうございます。


07010201.jpg


今年もがんばりますっ!
どうぞよろしくお願いいたします。

雪もほとんど降らず、暖かで穏やかなお正月でした。
おみくじも”大吉”で、幸先良し。
わきめもふらず一心に勉学に励みたいと思います。
ただ、色に惑わされることはなくても、酒は危ないかも~。
勝利の美酒を手にするまでは、ほどほど(←我慢する気はなし)します。

年末年始にはまっていた小野不由美さんの「十二国記」シリーズ、
昨日、古本屋さんを7軒探したけど続きがGETできず、
しかたない図書館が開館したらと思ったら、
なんと5日までお休み、6日の午後から開館で、
7日は開館したあと、8、9日はお休みだそうです・・・
うーん、待ちきれないよ。
子どもの冬休みの課題もそろそろの時期なのにな。

そんなことで、ダンナも仕事で、今日は読書♪と
はりきっていましたがくじかれてしまったので、
今日からお勉強再開とすることにします。
でも、わたしのPCも不調でやる気もわいてこないんです~。

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。