スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉書が~っ!


司書の募集も暮れまでなさそうだしと、
パートに出たのはいいれけど、
二日目から長女がインフルエンザ、ダンナも発熱で倒れ、
そして昨夜から次女が発熱・・・という春の嵐のわが家です。

さきほど、郵便屋さんがきて葉書を1枚おいて行きました。
まだ、試験結果には早いよね?と、ふるえる手であけてみると、
「情報検索演習」のスクーリング結果でした。

おかげさまで 
どこをどう採点したのかわかりませんが、
森田先生ありがとうございます。

そろそろ、2月の試験結果もでますね。
ああ、不安だ・・・
スポンサーサイト

微妙な番号。


3月の試験番号をyoung leafさんで見ました。
午前4番、午後8番って、
何だか何度もみた番号のような気がしますが、
本校の番号とは重なっていないようなので、
みなさん「やったね!」の結果だとよいのですが・・・

山はかけないと言いつつ、
その前までの試験番号かしっかり表にして貼っているので、
どうしても見慣れた番号は力が入らなかったんです。
実際、11月の試験の午前2番は「うっそ!」と、
思わず声に出てしまいました。
あとで確認すると、地方では出てないので2番もありだったんですが、
その前に2度出てたし、
もともと2番が出るとやばい・・・という回答だったので、
かなりあせりました。

試験結果までまだ2週間もあります。いや~長い・・・

情報検索演習三日目。


終わりました~。

午後からプレゼンテーションを実際にやったんですが、
人数が少なく、
14時前に終了してしまいました。
うーん、おもしろかったけど、
前のふたつのスクに比べて、
「たくさん勉強したわ!」という充実感はありません。
「情報検索のコツ」というのもなかったな・・・

でも、今回はいろいろな人とお話することができ、
もしかしたら実技そものもより、
孤独な通教の救済のためのスクーリングだったのかも。

今日も午前中は昨日の続きを作り、
全部で10分で発表できるようにまとめて、
4人で実際に声を出して練習したり、最後の調整をして終了。

午後の発表は、
1班のアカデミー賞は内容がとてもおもしろく、
2班のホワイトデーはパワーポイントに慣れてるね!という感じ、
うちの3班のは、先生もはじめてと言う動画が入ってました。
パワーポイントってこんなものだったのね、というのはよーくわかったわ。

これで一応すべての勉強は終わり。
あとは本当に結果待ち・・・不安だけど首洗って待つことにします。

07031101.jpg

留守番で寂しかったのかやたら甘えっ子モードのうさ・ぴょん

07031102.jpg

おかーさんがいなかったのに気づいてなさそうな大吉

情報検索演習二日目。


まる一日、PCに向かっていたので、
さすがに目と肩、腰が疲れてます・・・辛いわ。
運動になるかと、40分ほど歩きで帰ってきましたが、
風が冷たく、耳がちぎれるかと思った
でも、今日も無事終わりました。

今日はまずパワーポイントの簡単な説明があり、
すぐにグループに分かれ(4人1グループ×3)、
自分たちでテーマを決め、調べることを各自で担当し、
パワーポイントでまとめて、
最後に4人でまとめてプレゼンテーションを行うってことでした。

テーマは、実用をかねて「GWに行く旭山動物園」に決定。
旭山動物園自体、交通手段、宿泊施設、食べ物・お土産を
四人で手分けして調べ始めました。
いや~、さすが旬な観光ポイント。調べればいくらでも出てきます。
旭山動物園のHPもものすごくいい♪
4人で「かわいい」「美味しそ~」「すごーい」などと騒ぎながらの
調べの物は楽しかった。

しかし、肝心のパワーポイントはほとんど触ったことがないので苦戦。
そして、自分のPCではないのでお気に入りに登録したり、
参考になるページを印刷することもできず、
ひたすらコピーしてスライドにぺったん、コピーしてぺったん、、、
これはかなり辛い作業でした。

明日、本当に完成するのだろうか・・・心配。

ところで、こんな温泉を見つけました。
当麻町の<いちいの宿>、なんとバラ風呂があります。

img_05.jpg


一度は体験したいたいかも~

情報検索演習一日目。


行ってきました!スクーリング。
いつものセミナーハウスと違って、さすが専門学校、
教室!って感じで見晴らしもよく、きれいな所でした。

9時半授業開始で、まず自己紹介。
今回は12名と少なく若い女性ばかり。
どうやら、同じ市内の人も他に3名ほどいるみたい。

30分ほど「ITとは」「個人情報とは」「OSとは」など
簡単な説明があり、
その後はPCルームに移動して、
「検索手段にはGoogle、Yahoo!、gooなどいろんな方法があるよ」って
ことで各ページを開いて確認し、
先生の作った問題の解答をGoogleで検索して探す
という作業で午前中は終わり。
すべて説明のみでテキストなどもありません。

午後は、自分で気になるテーマを選び、
そのテーマの選定理由、概要、考察を検索して調べ、
ワードで仕上げるという作業でした。
画像の取り込み方だけは説明がありましたが、
その他は一切説明なしで、各自こつこつと検索しては、
ワードで文章を仕上げました。

わたしは気になってる「ゆとり教育」について調べてみましたが、
調べていく打ちに腹が立ってきて(「ゆとり教育」ね)、
しかもだんだん教室が暑くなり、
頭に血が上って朦朧とし、頭まで痛くなっての作業・・・
最後はもうこれでいいや~という感じで終わりにしてしまいました。

これを見て何を判断されるのかな?
検索がちゃんとできてるか?ワードの使い方?
文章をチェックされたら、腹が立って感情的になってるので×だわ

明日はどんなことをするのかな?
目からウロコ的なことやりたいんですが・・・

【“情報検索演習一日目。”の続きを読む】

予定が立てられない・・・


週末のスクですが、
長女の予定がまだわからず困ってしまいます。

金曜日はダンナが休みなので問題なし、
土日は仕事なので、
次女は土曜日はお友達のうち、
日曜日はわたしの父に来てもらうことにしました。
さすがに朝の8時過ぎから18時まで一人でいたら退屈するものね。
これで長女の部活の予定がわかると、
こちらも対応策を考えるので安心なんですが・・・
まったく、中学生は面倒だわ。

07030701.jpg


わたしはお弁当をもって行きますが、
金曜日のダンナのお昼はおにぎりとUFOの新作、
日曜日の次女とじいちゃんのお昼はおにぎりと焼きそば弁当。
たまにはいいよね~。

再請求。


きました、きました、再請求。
今度は3月22日が締め切りですが、これも間に合いません。
もう一度来るんだろうな。
わかってはいるものの、何だか気持ちよくないな・・・

週末はスクーリング、
その前に広報をしあげなくちゃならず、明日と明後日は学校です。
結局、パワーポイントさわってないわ。

卒業生・修了生を送る会


07030301.jpg


ひな祭りですね。
わが家は娘が二人、さっさとお嫁に行ってくれないと困るので、
今夜はわたしの実家でひな祭りです。

昨日、梅信が届きました。
更新手続きをしていないので、
もしかして4月号は来ないのかな?と思ってましたが、
ちゃんと届きました。
試験の時に聞いた、「卒業生・修了生を祝う会」がセミナーハウスで
3月24日に開催されるようです。

残念ながら娘の卒団式(娘自身はまだ卒団ではないけれど、
団の代表もしてるので)と重なってしまいました。
ここでコメントいただいた方ともお会いできるかな~と、
ちょっと楽しみに思いつつ、
いやいやまだ修了が決まったわけじゃないのにと、
自制する気持ちもありましたが、いざいけないとなると残念!です。

学校が週休二日になって、
土曜日に子どもの行事がどんどん入ってきます。
来週の土曜日もスクだというのに、二人とも予定が入ってきて、
しかもダンナは仕事だと言うので、またまた困ってます・・・


爆読中。


ここ1年、読めなかった分を取り戻すべく、本を読んでいます。

あおぞら あおぞら
星野 夏 (2005/10)
ポプラ社



この本は、わたしの試験前に、
中1の娘が「友達がすごく泣いたんだって」と
言って学校図書館から借りてきた本です。
その時は、気になりつつも読めず、
先日、図書館にあったので借りてきました。

どうやら中高生がどっぷりはまって涙するようですが、
すでにその親の世代のわたし、
どうしても親の側から読んでしまうためか、
全くはまれません。
泣くどころか、途中で飽きてしまいました。
はたしてこれは小説なのでしょうか?手記ではないの?
文章も「きつい」「つらい」「好き」「泣いた」という言葉ばかり、
表現も中学生には読ませたくないようなものもあります。

まだ読む前に娘に「おもしろかったの?」と聞いた時、
娘は「うーん?」と首をかしげてました。
読み終えた今、もう一度聞いてみようかなとも思いますが、
その答えをちゃんと聞くのも怖いような気がします。
主人公を反面教師として、そんなことにならないよう気をつけようと
思ってくれたならよしとしますが、
「かわいそう」なんて答えたら、
親として「なぜ、かわいそうなことになったのか」
という事を説明しなくちゃならないかな。

今、本屋さんへ行くと、
「○○人が泣いた」というキャッチフレーズのついた
ケータイ小説という本がたくさん並んでいます。
本を開くと横書き(この「あおぞら」は縦書きですが)です。
わたしは、すべてを読んでいるわけではないので
一概には言えないのですが、
中学生がこのような本を読んで涙し、感動するというのには
違和感を感じてます。
大人のようにあくまでも小説とわりきって読み、
それで泣くのならいいけれど・・・

電撃文庫にはまる娘達も
それはまた別の意味で心配なんですけどね・・・

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。