スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生の図書館ボランティア


中学校の図書館ボランティアのメインとなる、
生徒と一緒にボランティア活動がやっと始まりました。

うちの中学校では、生徒のボランティア活動として、
生徒は、草取り、除雪、点字など1つの活動に所属することになっています。
その中に今年から図書館ボランティアが加わり、
わたしたちも生徒と一緒に活動することになりました。

今日は1年生のボランティアさんと一緒に活動。
事前に司書さんがどんな活動をするのか事前に話しておいてくれたので、
ブッカーかけ、折り紙、ブックサイン、表紙作りのテーブルに分かれ、
それぞれ説明を受けながら活動しました。

わたしはブッカーかけのデモンストレーション担当。
子どもたちが真剣に見てる前でブッカーをかけるのは超緊張!
「すごい」とか、「へえ~」なんて声を聞きながらやってみせると、
一人の男の子がやりたい!と言い出しました。
本当は今回は見せるだけと言うことになっていたのですが、
その子の熱心な声にやらせてみることに。

説明しながらやらせてみると、真剣に丁寧にやってます。
そして、意外ときれいな仕上がりで完成。
へ~、なかなかやるじゃん!と、まわりのお母さんたちも感心。
すると、まわりで「無理だよ」なんて見ていた子が、
みんなやりたいと言ってきました。

で、次に二人教えると、
その次は前にやった子が他の子に教えながらと、
すんなりスムーズにブッカーがかけられてゆきます。
みんな丁寧できれいな仕事をしてます。
覚えも早いし、コツもすぐ飲み込んでます。
若いってすばらしいわ

おかげで用意した分のブッカーはあっという間に終了。
他にも本の表紙をきれいに描いてくれたり、
折り紙でひまわりを作ったり。

正直言って、ジャージ軍団(中学校内ではジャージ着用)に囲まれるのは、
ちょっと怖いイメージもありましたが、
一緒にやってみると、みんな一生懸命だし、まじめないい子ばかりでした。
こんな活動もなかなか楽しいかも~。

今日は地元の新聞社の取材も来てたようで、
学校側も無事ボランティア活動が稼働して一安心してくれたかな。
(まあ、いろいろ言いたいこともありますが・・・)

スポンサーサイト

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。