スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオウな気分。


08070901.jpg



昨日、帰宅してすぐに、
「図書館の臨時職員として3ヶ月働きませんか?」という電話がきた。

ひ~えっ!
働きたいけど、3ヶ月後に職を失うのは困る、職場もやめにくい状況だし、と、
パニック状態になり、
「すみません。仕事をしているのでできません」と断ってしまった。

しかし、電話を切って冷静になると、
うむむ、一生に一度くらいは図書館で働きたい、
もしかすると最後のチャンスかもしれないと、急にやる気がむくむく。

で、すぐに担当の人に電話をし、話しをいろいろ聞いてみた。
たしかに3ヶ月限りの臨時採用で、
ダンナの扶養からはずれたり、いろいろめんどうな事も多いみたい。
仕事も司書としてではなく、職員の補助的な仕事らしい。

でも、同じ臨時職でも司書の資格を持った人がいいと、
採用試験を受けた人の中から探したようで、
市内で融通の利きそうな人がどうやらわたしだったってことらしい。

説明を聞いて、一度電話をきり、
臨時職員に詳しい、しとろんさんに話しを聞いたり、
ダンナにも一応聞いたりしたら、
みんな背中をぐーっと押してくれた。ありがたい。

そういうわけで、8月1日から10月いっぱい図書館で働くことにしました。
今日は市の面接をうけ、OKをもらい、
その足で、職場のチーフにもやめることを伝えてきました。
(店長は不在だったので、退職願の用紙はまだ・・・)

うん、これで気分もすっきり、新しい仕事に臨めるわ!かな?
しかし、反面あと3週間、職場のパート仲間うちでは針のむしろかも
スポンサーサイト

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。