スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ペン。


とりあえず、「やり方」については書き直しましたが、
「子どもと読書」、「自サと子どもの読書」との関係を
書き足すために梅信(2月号)や学習のアドバイスを読んでます。
しかし、長すぎてまとめられない~。

それと、所々に「これで一応可」という表現があるんですが、
このままで良いってことなのでしょうか?
レポを読み直すと、書き足したり、書き直したくなりますが、
ヘタに手を入れない方がいいのかな。
手を入れるとまた長くなるし・・・。

文章は簡潔にして、
「思い切って削ってよい」という部分は消去しましたが、
その分、書き足しが増えたので、
2000字はあっという間に超えてしまってます。
うーん、どうしましょう。

スポンサーサイト

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

コメント

おはようございます。

aliceさん、
あれだけたくさんの事をいかにシンプルに書けるか・・・
先生の解説もものすごく長い文章なのに、、、です。
今日もこれから(昨日は全くできず)がんばります!
週末に出してしまいたいなー。


lovelyさん、
「関係」についてはあまり赤ペンはいってませんが、
「やり方」はことごとくチェックはいってます。
難しいですよね・・・

梅信きましたね。これで一安心。
重要な情報も書いてるのでちゃんと来ないと困りますもん。

「関係」が難しい

私も書き直しながら思ったのは「関係」と「やり方」をのべるのに「関係」を書くのに苦労しました。また再提出で戻ってきそう・・・

梅信、今日やっときました。二重に届くかも、です(笑)

ほんとに(;^_^A

こんにちは♪

他の科目はともかく、児童サは、3000字って言われても、大丈夫ですよね(;^_^A
ホントどうやって削ろうか頭使いますねぇ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。