スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退学届け。


昨日、また請求書が届きました。

修了書と一緒に退学届けが同封されていて、
これを送らないと、いつまでも請求書が届くのかな?
ほっといてもいいようだけど、
請求書っていうのは気分的によくないわ・・・
修了したみなさんはどうしてるのかな?

これが「退学届け」ではなく、
「終了届け」とか「修了届け」という名前だったら、
気持ちよく送ることができるのにな。

梅信はもう送ってこないんだから、請求書もやめて欲しいよ~

スポンサーサイト

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チラさん、

ありがとうございます。
こちらこそ、チラさんに声をかけていただけて、
進む勇気がわいてきました。
この辛い勉強をちゃんと修了した方がいると言うのが、
本当に心の支えになりました。ありがとございます。

「退学届け」、まだ悩んでいます。
しかたないとは思っているんですけどね。

sunaさん、

退学届け、不安になりますよね。
でも、退学届けを出さなくても、
資格証明書は出してもらえたそうなので大丈夫なのかな?

レポの寄贈、喜んでもらえますね。
レポを参考にすることで、学習会の会長さんと連絡をとったり、
他の方とお話しする機会も増えるとよいと思います。
このお勉強は、まず孤独との戦いだと思うので、
sunaさんの心がきっと一筋の明かりとなることでしょう。
そういいながら、やっぱり自分のレポは恥ずかしすぎて
寄贈する勇気のないわたしです・・・ごめんなさい。

遅ればせながら

はるみさん、おめでとうございます!
一年で修了なんて本当にスゴイことです。頭が下がります。
はるみさんのおかげで、川上先生の講演を聞くことができ、たいへん勉強になりました。ありがとうございました。

「退学届」という言葉、科目履修生、という立場からすれば仕方が無いのでしょうね。請求書についても、また、違う科目を履修する方もいらっしゃるでしょうし。
やはり、正科生ではないので、卒業や修了とは違いますしね。

そうなんですよね。


私の方は、司書教諭のレポがまだ一つ返ってきていないので、退学届けを出さずにいるのですが、このままでいいのかしら・・・やや不安。
寄贈したレポは、コピーしてお渡ししました。
やっぱり自分で書いたものは、まだ手放せずにいます。ちょっと愛おしいような気持ちがあるのかもしれません。
PCで打ち出したものでもよかったのですが、私の書いた内容よりも、先生のコメントこそが必要かと思いまして、評価もそのままさらけ出しています。恥ずかしい… 何を書いたら、どのくらいの評価が出てくるかということの参考になればいいなと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。