スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学校の図書ボラ始動。


昨日、やっとはじまりました。

第一回目はわたしのお休みにあわせてもらい、
担当の先生にも顔を出していただけるようにお願いしていたら、
いきなり校長先生と教頭先生もいらっしゃいました。

校長先生、担当の先生のお話し、そして司書の先生のお話があり
わたしも緊張感漂う中で代表としてご挨拶。
その後、メンバーの自己紹介をして会議は終了。
その間、校長と教頭が腕組みして背後に立ってるんだもん、
あれこれ愚痴やぶっちゃけた話もできず、
たんたんと会議を終わらせました。
まあ、校長の立ち会いの下にはじめたってことは、
学校もボランティアを認めて、協力してくれるってことだと思うので、
ぜひぜひ先生達にもご協力願うことにします。

しかし、中学校にもボランティアの予算はなく、
事務用品は去年の市から降りた交付金(何か事情をするともらえる)で
まかないましたが、
ブッカーや高額な道具類は買えません・・・

しかも図書館には読み物の本が少なすぎ。
調べ学習のための本は少しありますが、
読み物の棚はすかすかで、古いものが多く、
紹介文を作るとか、イベントコーナーを作るのも無理っぽい。
とりあえずは、ブッカー(去年購入分)のかかってない本にカバーをかける、
タイトルが薄くなっている本にタイトルをつけるくらいかな。

装飾といっても、壁面がまったくないので何か考えなくちゃ・・・
小学校とは違い、ものがなくなる、壊れるってこともありなので、
いろいろと難しいです。

それでも、みんなでしゃべりながらブッカーかけ作業をするのは楽しいし、
他の小学校のボランティアのお話も聞けたりして、
やっぱり図書ボラはおもしろいのでした。



スポンサーサイト

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

コメント

Hello!

maruさん、はじめまして。
お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。

うちの市は学校に司書さんがはいって、小学校で4年目、中学校が2年目です。
小学校はその2年前ほどからボランティア活動をはじめ、
本当に本をよけて書棚の掃除から、と言う感じでした。
今の市長が読書にとてもチカラを入れている方なので、
去年から一気に本が増えて、図書館も賑やかになりました。

新しい本はきちんとブッカーがかけられて納入されています。

それ以前の本は、
小学校では、ボランティアでカバーをかけた上からブッカーをかける作業をし、ほとんどブッカーはかかりました。

しかし、問題は中学校の本です。
なぜかカバーがはぎ取られ、保存もされていないものが多く、
カバーあるものと、はぎ取られたもので、本の印象が全く違う、、、という本がたくさんあるのです。
「ダレンシャン」などは、本当に誰も気がつかない状態。
これらの本をどうしようかと悩んでいます。

今は子どもに表紙を考えて絵を描いてもらっているところですが、
内容まで把握されていないので、
子どもたちも頭を悩ましているようです。

maruさんのところでも8年かかってやっとなんですもん、
2年目の中学校はまだ準備段階ってところですよね。
どこまでできるかわかりませんが、何とか子どもは本を手にとってくれるようがんばりたいと思います。

Hello!

はじめまして。
小学校図書館に司書として勤務しているmaruと申します。

ブッカーの件、お悩みですね。
本市では、注文している本屋さんにお願いしてブッカーをかけてもらって納品してもらいます。
「1冊5円で・・・」とか言われる本屋さんもありましたが、段々と淘汰されてドコも無料でかけてもらえます。
学校からの注文は、本屋にとっても美味しいはずですから、たぶんそんなにムリではないはずですよ。

基本的に、カバーをはずしてブッカーですが・・・・
カバーと中身の違うものはカバーをはずさずにブッカーをかけてもらいます。同じものでも、装丁の薄いものはカバーをかけてブッカーをかける(補強のため)。文庫はカバーをかけてブッカーをかける。
などなど、本屋さんと学校とで共通理解していますので、ほとんどトラブルはありません。

でも、最初からこうだったわけではなく、本市でも学校図書館司書の導入された8年前から徐々にです。

図書館に人が入る事で、全く違った図書館へと変貌していきます。8年前の苦労話をすると、最近入ってこられた方は驚かれますが、最初は鍵を開けて掃除から・・・という状態でしたから^^


Hello!

aliceさん、こんにちは。

5日にもカバーとブッカーかけしてきました。
ブッカーがなくなってきたのですが、
今年は予算がないとかで、
これからあれこれ対策を考えなくちゃなりません。

それにしてもどうしてカバーをはずしてしまうんでしょうね。
たしかに、そのままだとすぐやぶれてしまいますが、
その本のイメージとまったくかわってしまうものもありますよね。
いっそ、はずしてもカバーと同じ絵が描いてあると助かるのに。

実はすでにもう問題発生で凹んでます。
もう少し様子を見てと、「忍」の一字でがんばりますわ。

Good night

こんばんは♪

大変でしょうが、とにかく動き出して良かったですね♪

こちらの小学校での何故か?本のカバーは全て取ってました!
あまりに丸裸の感じの本はボランティアの判断で付けてましたが
それでもカバーを取ると雰囲気変わりますよね(^^ゞ

ブッカーをかけるなんて!!素晴らしいです(*^o^*)
楽しみながら頑張って下さいね♪♪

Hello!

チラさん、お久しぶりです。

わたしの住む市は、4年前から小学校、2年前から中学校に司書さんが配属(図書館から)されました。
それにともない、ボランティア活動を行うように市から学校にお達しがあったのです。
だから、ボランティアといっても、親が自らやりたいと起こしたわけではなく、
学校ではめんどうだけど市が言うからしかたなくって感じで動いてます。
とくにうちの中学校は市から何度もいいわれて、やっと動いたのです。(市で一番取り組みが遅かった)

あれこれ難題は山積みですが、
それでも何とか動き出したので、
司書さんと協力してうまく稼働していけるようにがんばりたいと思ってます。

で、書架の利用ですが、
実はうちの図書館の本は紙の表紙がみんなはぎ取られ、
丸裸のまま並べられてる本が多いんです。
なぜそんなことになったのかは司書さんにもわからないそそうですが、
紙のカバーのない本は普段見慣れたものとは全く別物で、
子どもたちも興味を示さないらしいんです。

今、表紙を作って、その上からブッカーをかけようかと言うことも話し合ってますが、
やはり本屋さんや図書館で見慣れた本とは違うのもなんだかな・・・と言う感じです。

Good!

すっかりご無沙汰しています。
はるみさんのところは、学校司書さん、ボランティアさんがいて本当に素晴らしいと思います。
私のマチとは大違いです。。。

読み物の棚がスカスカだそうですが、いっそ、それを逆手にとって、棚を壁面装飾代わりに使ってはどうでしょうか。
すべての本の表紙を見せてみるとか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。