スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館開放。


先月になってしまいましたが、29日(土)は中学校の文化祭で、
それにあわせて図書館開放をしました。

去年の図書館開放では、
ラミネーターを使った<Myしおり作り>や読み聞かせ、
牛乳パックで作る椅子の展示などをしましたが、
今年は<Myしおり作り>のみ。

それでも、事前にボランティアさんが集まって、
折り紙やイラストを切り抜いたり、リボンを切ったりとしおりに使う材料を揃え、
試作品を貼り付けたポスターなども作って展示しました。

文化祭では、お昼ご飯時間+30分ほどしか生徒は自由時間がなく、
見学にくる一般の人も少ないので、
いったい何人来てくれるのか心配でした・・・

実際、当日は生徒の参加は5人(全て男の子)。
ほとんどの子が興味ありそうに見るけれど、めんどくさーいって感じで
近寄ってきません。
しかたないよね、そういうお年頃だし、とは思う物の少し寂しい。
でも、バザーのお手伝いに来ているお母さんが子どもを連れてきたり、
近所の小学生が友だちと来たりして、
けっこうな利用数はありました。
100枚用意したラミネート用紙がほとんどなくなった~。

070100301.jpg


来年はどうしようかな・・・生徒も参加してくれるイベントって、
中学生になると、ほんと難しいと実感です。



中学校ではずっと司書さんと担当先生とボランティアの連携がとれていません。

担当先生は今年転勤してきたばかりで「忙しい」が口癖の方、
司書さんは、学校に雇われてるのではなく、
市の図書館から出校という形なので、
学校と図書館の間にはさまりとてもやりにくいらしい。

そして、ボランティアは去年から学校に要請されて活動をはじめました。
なので、勝手に行動するのは許可されず、毎度、ボラ→司書さん→先生とお伺いをたて、
返事がかえってきてやっと動けるって状態。
はっきり言って面倒だけど、しかたない。

今回も、図書館開放ができるのかどうかを3週間前に尋ねたのに、
返事が返ってきたのは1週間前・・・
それでも、行うことに決定したのであわてて準備。

当日は、9~14時まで開放して欲しいと担当先生から要請があったと司書さんから連絡があり、
それを生徒の自由時間の13時までにしてもらい、
当日は8時半から集まりますと司書さんに連絡。

でもね、でもね、
当日、8時半に図書館へ行くと鍵がかかっている。
担当先生は玄関にいて挨拶はしたけど何も言ってなかった・・・
司書さんは時間外なので9時半にならないと来ない。
しかたないので、また玄関に行き(図書館と玄関は校内で一番離れてる)、
担当先生に鍵を開けてくださいと言うと、
「え?もう来たんですか?」と・・・
「え?先生が9時から開放すると仰ったと司書さんから連絡ありましたけど?」と、
最初の一言にカチン!ときたので言い返す。
「そんなこと言ってませんよ~。そうなったと連絡はありましたけど」
もう、何も言う気力もなし。
先生と司書さんの間ももしかしてメールで連絡取ってる???
だいたい、先生がポケットに鍵を入れていたのに、
私たち(わたし一人ではない)の顔を見ても、一言もなかったよ・・・
まあ、ボランティアの顔なんていちいち覚えてないのかも知れないけれど、
一応、何度か話し合いをもったんですよね。

わたしが「図書ボラやりたいっ!」と中学校に乗り込んだったら、
気合いもあるし、やり方もあれこれ考えて、
よい方向に持って行こうと思うけれど、
今のこの立場とこの状況じゃ四面楚歌。無理だ~。

学校司書に憧れて、資格をとったのに、
今は現実を突きつけられて、その夢もしぼんでます。
うちの市では、募集は図書館司書も学校司書も一緒なので、
採用はどちらになるかわかりません。
もしかしたら、暮れにあるかもしれない募集だけど、
今は司書になりたいと言う気持に影が差してきてます・・・





スポンサーサイト

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。