スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての試験。


暴風の中行ってきました
会場は同じ市内にあるので、場所は検討がついていたので、
下調べもなく行ってみたら、
あまりに地味で、なぜか「花」という看板のあるビニールハウスと同居してました。
どこにも「近大セミナーハウス」という看板もなく、
最初は通り過ぎてしまいました。

わたしは、午前中「生涯学習」「図書館史」の2科目、
午後「コミュケーション」の1科目を受けましたが、
意外と受験者が多く、40人くらい。ほとんどが女性でした。

今回の試験番号が発表され、試験がはじまると、
一斉にカリカリカリカリカリ・・・と、ボールペンの音が。
わたしは「間違えちゃいけない」と
けっこう慎重に、ゆっくり書いていたんですが、
みなさん、解答が頭に入ってるんでしょうか。すごいです。
だって、ボールペン使用で下書きもなにもなく、ぶっつけ本番なのに。

B4の用紙の裏表を使って解答を書いていいんですが、
わたしはほんの数行・・・これ以上暗記するのは無理だったんだもん。
あっという間に書き終わってしまいました。
解答があってるかどうかは不明ですが、とりあえず書きました。
裏まで書き込んでる人もいたので、厳しいかも・・・

あまりに早く書き終えてしまったので、
午後の試験まで2時間もあいちゃって、
その間にまた解答の暗記しましたが、もう頭が真っ白って感じで、
ちっとも覚えられませんでした。
午後の試験もほんの10分程度で終了・・・試験時間は50分なのに。

この1週間、とにかく、
暗記するべし!暗記するべし!モードでしたが、
要領があまりに悪いうえ、
時間があるわりには、脳みその許容要理が少なすぎ
昨日の午前中には、正直「もうやめたい」と思ってしまいました。
まだ1回目の試験なのに、
まだ4回もあるのに(うまくいけばね)・・・

そうそう試験番号は午前中が「6」、午後は「2」でした。
どちらもわりと答えやすい問題でしたが、
何しろ解答が短くて、
しかもそれがあってるかどうかも見直す気力ありません。

ま、明日からは気持ちを切り替えて、
またレポート作りに取りかかります。
試験の合否は7月にならないとわからないので、
それまで忘れることにします
スポンサーサイト

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。