スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の微妙な違い・・・


専門資料論のために、
図書館資料論の参考書も借りてきたので、
テキスト読んでみて、
行けそうだったらレポ書いてみようかな?なんて欲張ったら、
テキスト読んでるうちに寝てしまいました

それにしても、いつも新しいテキストを開くと、
「ああ!ここにあの試験のヒントがっ!」って
思うことがたびたびあります。
今回も情報機器論で悩んだ答えが書いてある・・・

今更ですが、レポート書く前に
ざっと一通りテキストに目を通すといいのかも。
どのテキストもどこかで関係してます。
しかし、あの大量のテキスト見たら
誰もそんなことしたくないですよね・・・

で、図書館資料のレポって
「まとめ」て「私見」を加えるって書いてるんですが、
ほんとうに「まとめる」だけでいいんでしょうか?
このまま鵜呑みにしていいのかちょっと心配。

いつもテキストを読むときは、
試験問題と見比べながら読むんですが、
試験問題の「述べる」「論述する」「概述する」「まとめる」って
言う記述、いったいどんな違いがあるんでしょうか?
テキストを見ながら回答していくとその通りになるのかなー。

児サのレポを書いてから、
やたら言葉に敏感になってしまいました。
どうしても裏があるような気がしてならない・・・
児サ症候群とでも言うのだろうか。

ま、資料論は11月の試験の予定なので、
レポもあわてず目を通すだけになりそうです。
スポンサーサイト

| HARUMIの日々奮闘記。ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。